20150427

クリスチャン ディオール ヒプノティック プワゾン EDT・SP 50ml

HYPNOTIC POISON EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


世界最高峰のクチュール・メゾンとして、ほとんど神話的な評価を勝ち得た、フランスの至宝「クリスチャン・ディオール」。1946年に立ち上げられて、翌年のパリ・コレクションで「コロール(花冠)ライン」を発表して、「ニュー・ルック」の幕開けを告げました。ディオールの華美なデザインは、その後現代の天才ジョン・ガリアーノに引き継がれましたが、電撃解雇された今は、ラフ・シモンズの手によって新境地が開かれております。

こちらはそんな伝統のファッション・ハウスのフレグランス・ラインから、1998年に発売されたレディス香水です。ディオール香水を代表する一作で、もはや説明不要のロングセラー・アイテムです。「催眠毒」という妖艶なネーミングのこの作品は、スウィート・オブ・スウィートなグルマン・バニリックの香調がベース。まさに甘さにとろけて、うっとりとまどろんでしまいそうな、至福の逸品に仕上げられております。

アプリコット、プラム、ココナッツなどが、ウォームで情熱的なフルーティー・ココナッツ・スウィートを香り立たせるトップから、 チュベローズ、ジャスミン、イランイラン、リリー・オブ・ザ・ヴァレイ、ローズ、ブラジリアン・ローズウッド、キャラウェイなどが、こっくりとしたテクスチャーのフローラル・スウィートを漂わせるミドルへ。
ラストはサンダルウッド、アーモンド、バニラ、ムスクなどが、おいしそうなバニリック・スウィートを香らせて、リッチでジョイフルなフェミニン・センシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、ランコムの「イプノーズ」や「ミラク・ソー・マジック」、ロリータ・レンピカの「ロリータ・レンピカ」などで知られる巨匠のアニック・メナルド。1997年の「ロリータ・レンピカ」と、98年の本作で、アニックのステイタスは不動のものとなりました。全体としてはバニラがメインで、アーモンド、ココナッツ、ウッドなどがそのバニラにほどよく溶け合います。グルマン系のシンボル・アイテムの一つですので、ぜひお試しいただきたいと思います。

ディープ・レッドのボトルも、艶めかしいデザインでとても存在感がありますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿