20151226

クリスチャン ディオール フォーエバー アンド エバー ディオール EDT・SP 50ml

FOREVER AND EVER DIOR EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


ざっくりとしたテキスタイルの中で、クラシカルなテイストを全面に押し出しつつも、そこかしこに遊び心に富んだアレンジをほどこしたウェアで、2010/11秋冬パリコレクションを飾った「クリスチャン・ディオール」。その時代の一情景を視覚化させるような、まさにジョン・ガリアーノの真骨頂が表れており、近年のディオール・コレクションの中でも出色のものでした。

こちらはそんな歴史深いディオールのフレグランス・ラインから、2006年に発売されたレディス香水です。元々は「リメンバー・ミー」や「ディオール・スター」と同様に、トラベル・リテール(免税店)リミテッド・エディションとして2002年に発売されたもので、パッケージとボトルのデザインを変えて再販されたものです。香りはまったく変わりありません。みずみずしくリラクゼーションあふれるフローラル・フレッシュの香調をベースにしていて、ナチュラルな広がりと、凛としたエレガンスをうかがわせる、バランスの良いアイテムに仕上がっております。

アイヴィー・リーブス、フリージア・ペタルズ、ウォーター・ジャスミンなどが、透き通るようなルミナス・フローラルを香り立たせるトップから、 ワイルド・ローズ、アーモンド・ブロッサム、ゼラニウムなどが、まろやかさの中にシャキッと一本筋が通ったようなモダン・フローラルを漂わせるミドルへ。
ラストはバニラ、ムスク、アンブレット・シードなどが、マイルドなスウィートで全体のダイナミックな香調をドライダウンさせ、しっとりとグラマラスなセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

プロデュースはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン。「いつまでもいつまでも」というようなネーミングにふさわしい、長く愛用できるオーソドックスな使い勝手が魅力のアイテムなのではないかと思います。ライトなここちよさの中に気品を失わないところがステキだと思います。

カジュアルなシーンでも重宝しそうですが、意外とオフィス・シーンなどでもお使いいただけるのではないでしょうか。クリアなガラスのボトルも、さすがディオールらしい美しく洗練されたデザインで飽きがきません。

0 件のコメント:

コメントを投稿